その後、時は流れてローマではこの2月14日にお祭りが行われるようになっていました。これは独身の男女がくじ引きでつきあう人を決めるというものでした。

これを、風紀の乱れにつながると見たキリスト教は、お祭りを廃止してしまいました。代わりにキリスト教の殉教者を祀るお祭りにしてしまったそうです。その殉教者として選ばれたのが、その昔、若者達のために処刑されたバレンタインです。

そのため、2月14日は恋人達がギフトやカードを贈り合う日として定着したそうです。